« GH3を買うつもりが、Fuji X-E1を買ってしまった | トップページ | Zoom H1 »

2013年1月 6日 (日)

Fuji X-E1その後

_1080019
X-E1購入して3週間ほど経つが、正直これほど気に入ったカメラにめぐり逢ったのは初めてだと思う。
 
純正ズーム18-55は、非常に出来が良くオールマイティに活躍してくれるレンズだが、やはりこのカメラは単焦点、それもMマウントレンズを使ってこそ本領発揮する。
 
早速手持ちのVoigtLander Nokton Classic 40mm f1.4 SCをKiponのアダプタを使用して取り付けてみた。
純正マウントアダプターも出ているが、Kiponのヘリコイド付きの物(17000円なり)を購入した。
Kipon社は、以前マイクロフォーサーズ用の絞り調整機能付きNIKON Fマウントアダプターを購入した際、少々仕上げ寸法精度の悪さが見つかり気になってはいた。
今回は問題ないようで、思ったよりガタも少なく、かなりいい感じにX-E1とマッチしている。基本的に寄れないMマウントレンズがヘリコイド機能で、でマクロ領域が撮れるとの魅力は、何にもましての重要な付加価値で、ファインダーを覗いたままでの、ヘリコイド操作も十分可能なほどだ。
_1080035
 
こうなると、X-E1の高感度領域の強さも加わり、夜間のスナップ撮影は独壇場となる。
Nokton40mmは、レンズ下にフォーカスレバーが有るので、通常の一眼レフを構えるスタイルと違い、左手親指を下側にし、フォーカスレバーを操作するようにし、人さし指でカメラボディ左上を押さえる構え方が良いようだ。手ブレの起き難い絶妙なシャッターボタンのタッチも手伝い、手ブレ補正の無いこのレンズ(35mm換算60mm)でもSS1/30が余裕で切れる。
ISO3200は常用域で、F1.4との組み合わせは、もはや暗視カメラ状態、肉眼でも暗くて見えにくいものが鮮明に写ってしまう。
その暗さでもファインダー内は明るく見やすいので、拡大表示を使用しなくてもピントが十分合わせられる。
EVF内で画像の仕上がりの明るさを確認したい為、露出補正ダイアルを駆使しながらシャッター速度のみオートとする。
この方法でのスナップ撮影の機動力の高さは抜群で、気持ちの良いテンポで撮影に集中出来る。
 _dsf0398
 
_dsf0400
 
_dsf0407
 
デジタルカメラ、それも業務的に考えるとパソコン直結の操作が出来ないとか、HDMIにプレビューが送られないなど、不満点は幾つかある。特殊領域の撮影にはあまり対応する気は無いとの意思表示だろう。
しかし、カメラの基本領分としての普通の撮影が、テンポよく着実に奇麗に撮れるという、最も大事な部分を非常に高次元で実現しているX-E1は、フジフィルムの良心を具現化したものだと思う(値段も含めて・笑)。

« GH3を買うつもりが、Fuji X-E1を買ってしまった | トップページ | Zoom H1 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

コメント

2013年12月にX-E1を買った者です。このページとX-E1を買ってしまったのページは、X-E1の良さを再認識できるありがたい記事です。MF時のAFボタンのお話はわかりやすいです。この方法に切り替えて楽しみます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Fuji X-E1その後:

« GH3を買うつもりが、Fuji X-E1を買ってしまった | トップページ | Zoom H1 »